AGA遺伝子検査「AGAドック」で薄毛の悩みを解消しよう!

あなたは間違った薄毛対策をしていませんか?
髪や頭皮は体質の問題のため、人によって対策の手段は異なります。ですが、巷に溢れる『薄毛対策』といえば、画一的な治療ばかり。この状況、疑問に思ったことがある方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は最新の遺伝子検査『AGAドック』を紹介。遺伝子検査によって自分の体質を知ることができ、将来「薄毛になるかもしれない」というリスクを明らかにすることもできます。

薄毛にお悩みの方、あるいは薄毛になるか心配な方には、ぜひ受けていただきたい検査です。

AGA遺伝子検査とは?

AGA遺伝子検査とは、自分の遺伝子を調べることで、AGA(男性型脱毛症)になりやすいかどうかを解析するという内容の検査です。検査を受け、AGAのリスクを事前に知ることで、早めの対策が可能です。

AGAにはさまざまな脱毛パターンがあり、いずれも対策時期が遅れると回復が難しく、進行しやすい症状のため、遺伝子検査で早期に発見・対策ができるメリットは大きいといえます。

AGA遺伝子検査で何が分かるのか

AGAドックの場合、若い時にAGAを発症するリスクと、治療薬の『フィナステリド』がどれだけ効きやすいかを測定できます。「禿げるかも?」という漠然な不安に対して、信頼性の高いデータで明確にすることができ、早めの対策を打てるのが特徴です。

また、脱毛の傾向に対するアドバイスブックも貰えるため、自身の脱毛に関する知識を深めることも可能です。

検査はとても簡単

AGA遺伝子検査の検査方法は非常にシンプルです。遺伝子検査と聞くと、いくつものプロセスを経て検査しなくてはならないように感じますが、実はこの『AGAドック』をはじめ、多くの遺伝子検査キットは非常に簡単な検査内容となっています。

『AGAドック』の遺伝子検査方法は以下の4つ。

  1. キットを取り寄せる
  2. 綿棒で頬の内側をこする
  3. 粘膜を採取
  4. 郵送する

手順としてはたったこれだけです。採取する検体は粘膜なので、手軽に採取することができ、採血のような痛みはありません。検査結果は、粘膜を郵送してからだいたい2~3週間後に送られてきます。

もう一点、検査キット・検査結果含め、『AGAドック』の遺伝子検査は、郵送時に中身がわからないような配慮がされているため、ご家族に遺伝子検査を受けていることを知られたくない、という場合でも安心です。

AGAドックのオススメポイント

『AGAドック』をオススメできるポイントを2つほど紹介します。

薄毛の専門である

他の遺伝子検査とは異なり、薄毛専門のため、信頼性という面においては安心が持てます。また、薄毛のリスクだけではなく、治療薬のフィナステリドの効果も解析できるため、将来的にどのようにヘアケアを行っていくか、対策手段を明らかにできます。

検査が簡単

さきほど説明したとおり、検査内容は頬の内側をこすって、粘膜を採取するだけ。自宅で一人で行えて非常に手軽なので、忙しい方でも安心して検査を申し込むことができます。

病院やクリニックとは異なり、通院する必要もなく、検体の採取以外(申し込み処理など)はすべてWeb上で完結するのも嬉しいポイントです。

1年間の無料サポート

『AGAドック』には、検査後1年間の無料サポートサービスもついています。メールや電話などで、AGAドックの検査結果についての質問をすることができ、結果に関して不明な点があってもサポートしてもらうことが可能です。

口コミ、評判について

『AGA遺伝子検査』を実際に受けた方からの口コミを紹介します。

Aさん:29歳(脱毛リスク:高、フィナステリド感受性:高)
『正直、ちょっとショックでしたが、何も知らないので手遅れになるより、早めに対策すればだいぶ違うと思うので、これからはしっかりケアしていきたいと思います』

Bさん 21歳(脱毛リスク:低、フィナステリドの感受性:低)

『今回の検査を通じて、日々の生活の中でのケアにはもっと気を配ろうという意識を持つことができました。アドバイスブックも大変参考になりました』

Cさん:32歳(脱毛リスク:高、フィナステリドの感受性:高)
『自分では全く分からなかったので、ほとんど何もしてこなかったのですが、フィナステリドの治療効果が期待できることが分かりましたので、早速、医師に相談してみようと思います』

引用:『AGA(エージーエー)遺伝子検査 体験者の声』

まとめ

個人によってそれぞれ髪、肌質は当然異なります。適切な薄毛治療をするには、それぞれの髪と肌質に応じた処置をすることが必要不可欠です。従来の画一的な薄毛治療では、効き目が出にくい、あるいは、まったく出ない方も当然いるため、効果的とは言い難いのが現状です。

『AGAドック』は、非常に簡単な検査で、現在の髪、肌質の状況から『将来薄毛になるかもしれない』リスクを解析、明らかにすることができます。それだけではなく、薄毛治療薬である「フィスナテリド」の感受性も判断することができるため、トータルでAGAのリスクを解析できる遺伝子検査といってよいでしょう。

AGAを治療するには、まずAGAに対する理解を深め、自身とAGAの関連性を知らなくてはなりません。それが、薄毛に悩む方に「遺伝子検査」をまず受けてほしい理由です。

『AGAドック』で、適切な薄毛治療を知り、将来の不安を払拭してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です