お酒が不安な人はアルコール遺伝子検査をしよう!

日常生活でお酒を避けられないシーンがあります。
特に「会社の飲み会」「取引先との懇親会」などビジネスでお酒は欠かせません。
さらに、大事な席でお酒の失敗をしてしまうと、それだけで信用を失うでしょう。

なので、自分がお酒に強いか、弱いかが気になる方も多くいるかと思います。ですが、実際、自分がお酒に強いか弱いかというのは、感覚でなんとなく判断するしかないというのが実情ではないでしょうか。

そこで、今回はそんな方に向けて「アルコール遺伝子検査」を紹介します。先ほど「感覚でしかわからない」と述べましたが、実は遺伝子レベルで調べれば、お酒に強いか弱いか、どのくらいなら飲んでも大丈夫なのか、程度はハッキリとわかる世の中になっています。

お酒の強さを知りたい方、飲み会が多い方、酒との付き合い方を覚えたい方、現代社会でお酒に悩むさまざまな方に受けていただきたい検査です。

アルコール遺伝子検査とは

アルコール遺伝子検査とは、体内のアルコールに対する耐性などを解析する、遺伝子検査の一種です。

自分の遺伝子を検査することで、お酒への耐性が高いのか、どんな体質なのか、飲酒によって将来健康への悪影響が出やすいのか、など、アルコール全般に関するさまざまな事柄がわかります。

検査では、主にADH1B遺伝子(アルコールをアセトアルデヒトに変える酵素)、ALDH2遺伝子(アセトアルデヒトを酢酸に変える酵素)がどれだけあるのか計測することで、お酒に含まれるアルコールが体内でどれだけ分解されやすいのか、許容値がどの程度なのかを判定します。

感覚ではなく数値で、アルコール耐性について知ることができるのがアルコール遺伝子検査です。

アルコール遺伝子検査のメリット

それでは、アルコール遺伝子検査を受けることで、どのようなメリットがあるのかを説明します。

確実な検証ができる

記事冒頭で申し上げたとおり、人の言う酒が「強い」「弱い」は感覚でしかありません。アルコール何%の酒をどの程度まで飲めるのか、健康に悪影響が出るのはどの程度からなのか、など、感覚ではわからないことがあまりにも多すぎるのです。

そこで、遺伝子検査を用いて科学的に検査することで、この感覚に関する確実な検証ができるようになります。

この数値が明らかになれば、危険な兆候なども明らかになるため、遺伝子検査結果をそれとなく明かし、「お酒が飲めないけど、付き合いで飲む必要がある」という無駄なお酒を断る理由にもなるでしょう。

飲酒に関するアドバイスがもらえる

アルコール遺伝子検査は、その分析結果に応じて詳細なレポート付きで結果を報告してくれます。レポートには、検査結果だけでなく、健康を害しないようなお酒の飲み方、アルコール耐性などが詳しく記載されているので、科学的根拠に基づいた適切な飲酒を楽しむこともできるようになります。

このような、遺伝子分野からのアドバイスという新しい見地を取り入れることで、お酒とのうまい付き合いをより正しく行えるようになるでしょう。

こんな人にオススメ

アルコール遺伝子検査はこんな人にオススメです。

  • 自分にあったお酒の飲み方を知りたい方
  • 仕事の付き合いで他人よりもお酒を飲む機会の多い方
  • これから飲み会が増える社会人や学生

まず、自分にあったお酒の飲み方を知りたい方。お酒を飲むのが好きだが、ついつい飲みすぎて後悔してしまう、意識を失うまで飲んで失敗してしまう……などというタイプの方です。

こうした方は、遺伝子検査を受けることで、どの程度飲むとアウトなのかを数値で示してくれるので、その分量を意識しながら飲むことで、失敗を極力減らし、適切に飲酒を楽しむことができるでしょう。

次に、仕事の付き合いで他人よりもお酒を飲む機会の多い方にもおすすめ。飲む機会が多いとそれだけ、アルコール依存のリスクが高くなります。遺伝子検査を受けて、アルコール依存症などのリスクを負う前に、しっかりとした対策をしていくとよいでしょう。

また、これから飲み会が増える社会人や学生にも遺伝子検査は最適です。お酒を飲み慣れていないうちは、自分のキャパシティが分からずに飲みすぎてしまうことが多々あるためです。

初めての飲み会で飲みすぎて失敗、というのは、一度は経験したことがある方も多いものですが、人付き合いの浅いうちから失敗してしまうと、その後の人間関係に影響を及ぼしかねません。

アルコール遺伝子検査を受けることで、予め「飲める量」を知れるので、大まかな裁量を知った上で飲み会に望めるようになります。

まとめ

お酒と現代社会は切っても切り離せない存在です。飲まないという選択肢を取っている方も多くいますが、付き合いなどで避けることができません。そうした方は、アルコール依存症やアルコール中毒などのリスクにも目を向けておくべきです。

アルコール遺伝子検査は、こうしたアルコールにまつわる病気の対策ができるだけでなく、自分のアルコール耐性も知ることができる、現代人には非常にメリットの大きい検査です。

お酒との付き合いに悩む方、健康への影響が心配な方、これからお酒を飲む機会が増える方など、さまざまな層におすすめしたい遺伝子検査です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です