乳がんのリスクが分かる!?遺伝子検査キットで早めの予防をしよう!

乳がんは、女性の発症リスクが高いがんで、腫瘍の発生に気づいたときにはすでに症状が進行している、というケースも少なくありません。そうしたがんのリスクヘッジには、定期的ながん検診が必要不可欠ですが、遺伝的要因による発症リスクまでは検査しにくいのが現状です。

「がん検診にいくのも手間がかかるし、もっと気軽にがんのリスクを知りたい」と思う方も少なくないでしょう。

そこで、今回は、乳がんの発症リスク、対策を簡単に知ることができる「遺伝子検査キット」ご紹介します。

乳がんとは?

乳がんは、多くが乳管から発生し、「乳管がん」と呼ばれます。一方、小葉から発生するがんは「小葉がん」と呼ばれ、主な乳がんはこの2種類です。他にも乳がんには種類がありますが、発症ケースは多くありません。

乳がんにかかる割合として、2011年では女性乳がんの罹患(りかん)数は、がん全体の2割を占めています。さらに年齢別で見た場合、30代から増加をはじめ、40~50代前半でピークを迎え、その後は、次第に減少していくことが明らかになっています。総合して、乳がんの罹患率、死亡率は決して低くないといえます。

乳がんの種類・発症ケースによって、転移しやすさや広がりやすさは大きく異なりますが、いずれも早期の対策が必要となります。

一方、男性の場合は、男性乳がんの罹患率が女性乳がんの1%程度と低いものの、罹患する可能性はゼロではないので、決して無縁ではないことに注意しましょう。

乳がんの症状

自分で乳がんに気づく主な症状として、乳房のしこり、乳房のえくぼなど皮膚の変化、乳房周辺のリンパ節の腫れ、肩や腰に遠隔転移し、痛みを生じる場合など、さまざまです。少しでも疑いがあったらすぐに病院で検査を受けるとよいでしょう。

他に、乳がんが見つかるきっかけとしては、後述の乳がん検診などで疑いを指摘されるケースも多くあります。

乳がんの検査方法について

乳がんの検査方法は、大きく分けて2つあります。

病院での検査

もっとも一般的な乳がん検査として、病院にてマンモグラフィによる乳がん検診があります。他にも、超音波(エコー)検査や、病理検査・病理診断、乳腺のCT検査・MRI検査など、乳がんの検査方法はさまざまです。

遺伝子検査キットの利用

病院以外にも、近年では、遺伝子を検査することで乳がんを含む、あらゆるがんの疑いがあるかどうかを解析できるキットもあります。がんは、遺伝によって発症するケースもありますので、遺伝子レベルでがんの発症リスクを調べるのは、がんの早期発見という観点において、非常に重要です。

遺伝子は、乳がん検診だけでは調べられない部分でもありますので、すでに乳がん検診を受けた方でも受ける価値のある遺伝子検査キットです。

忙しい人には遺伝子検査キットがオススメ

通院する必要のある乳がん検診とは異なり、遺伝子検査キットはWeb上で申し込むだけで検査手続きが完了し、検査自体も自宅で行えるため、忙しい時期でも安心の手軽さ。

申し込むと、自宅に遺伝子検査キットが郵送されてきますので、検体となる唾液を採取し、検査キットに入れ、送り返すことで遺伝子解析がはじまります。検査結果は一ヶ月後に、レポートかWeb上で確認することができます。

このように、通院という手間がないため、通院が面倒、時間がないという方には特にオススメです。

オススメは「マイコード がんパック」

遺伝子検査でがんを調べるには、遺伝子検査キットを申し込まなくてはなりません。今回は、『マイコード がんパック』を紹介します。

『マイコード がんパック』は、乳がんを含む38項目を検査することができる遺伝子検査キットで、がんや生活習慣病の発症リスク、遺伝的傾向を明らかにできます。結果レポートは、遺伝子知識がなくとも見やすく、詳しい説明のついた充実の内容となっています。

さらに、結果の解析のみならず、レポートによる生活改善アドバイスをはじめ、疾患や体質自体の詳しい解説もあるため、自分の身体について理解を深め、レポートをもとにした生活改善に取り組むことも可能です。

価格も14,800円(税別)と、他の遺伝子検査キットと比べてリーズナブル。主要ながんのリスクは一通り調べられます。

ちなみに、この「がんパック」で受けられる検査は、全部入りのフルパッケージ「マイコード ヘルスケア」でも受けられますので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

まとめ

がんは、あらゆる病気の中で最も死亡率が高く、発症率も高い病気です。がんで死亡する確率は男性で25%、女性で16%に及び、将来的にがんで死亡する可能性は、たとえどのような人でもゼロとはいえないのが現状です。

今回紹介した「マイコード がんパック」は、遺伝子検査によって、遺伝的要因によるがんの発症リスクを明らかにするものです。腫瘍ができてからではなく、そもそもの発症リスクを調べることができるため、発見の早さは従来のがん検診とは比べ物になりません。

また、がんは飲酒や喫煙などの生活習慣悪化でも発症リスクが高まるものです。本検査キットは、そうした生活習慣の改善を促し、がんの発症リスクを低下させることもできます。

がんの発症リスクを調べるのに早すぎるということはありません。早期に対策、改善を行い、いつまでも健康な体を保っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です