癌(がん)の遺伝子検査とは?値段、内容について徹底解説

がんこと悪性腫瘍は、日本国内において非常に知名度の高い病です。
一生のうち、二人にひとりは何らかのがんにかかるといわれているほど、身近な病気でありながら、あらゆる病気のなかでも最も死亡率の高い病であるからでしょう。

がんの死亡率に関して、死亡率の高い国内の最新がん統計によると、がんで死亡する確率は男性で25%、女性は16%に及ぶと言われています。
これは、がんが非常に発症リスクの高い病気なのが要因のひとつです。そのため、がんの発症リスクを低下させ、未然に防ぐことができれば、がんによる死亡も回避することができます。

そこでオススメしたいのが、がんの遺伝子検査です。
がんは細胞分裂時の異常によって生まれるため、遺伝子単位で身体をチェックすれば、がんを早期発見することが可能となります。

今回は、そんながんの遺伝子検査内容や値段について細かく解説します。

がんの遺伝子検査とは?

がんの遺伝子検査を行うことで、大腸がん、乳がん、前立腺がんをはじめとする、遺伝的な要因によるがんの発症リスクを明らかにすることができます。
また、遺伝子レベルでの精密検査によって、従来の検査手法である、画像診断PET、CTスキャン、MRI等では判別できないような、小さなガンも発見することが可能です。

それにより、ガンの早期発見や、未然にがんのリスクを防ぐことができるようになりました。

※判別できるのは、あくまで遺伝子傾向のみです。

それでは、この遺伝子検査はどこで受けることができるのでしょうか?検査を受けるには、二通りの方法があります。

公的機関による検査を求めるなら病院へ

遺伝子検査は後述する遺伝子検査キットの他、病院にて検査を受けることができます。公的機関による確かな検査を希望する方は、病院にて遺伝子検査を希望するとよいでしょう。

病院では血液検査による遺伝子の検査が行われます。血液を採取し、血液中にがん細胞があるかどうかを、専用の遺伝子検査器を用いて検査する方法が一般的です。

病院で遺伝子検査を受けるうえでのデメリットは、検査費用が2万円程度と高額なことです。また、通院して血液検査を受けなければならないという手間もあるため、気軽に試すには不向きといえます。

簡単に受けられる、遺伝子検査キット「Deargene(ディアジーン)」

病院にで高額な検査費用を払うのではなく、もっと気軽に試したいという方は、遺伝子検査キットによる検査がおすすめです。

遺伝子解析サービス「Deargene」では、Web上で遺伝子検査を申し込み、送られてきたキットで唾液を採取、返送するだけで遺伝子検査が完了します。検査には一ヶ月ほどの時間を要しますが、価格は4,980円と、病院での検査と比べてお手頃

「Deargene」の遺伝子検査では、がん10種類の発症リスクがグラフでの解析結果として明らかになり、さらに「同じ遺伝型を持つ集団の発症リスク」「日本人の発症リスク」も同時に伝えてくれるため、自身にどの程度のリスクがあるのかを判断することができます。

ただ、病院と比べて、何らかの発症が認められた場合にすぐに治療に移行することができないという点は、デメリットとして挙げられます。
しかし、がんのリスクが発見された場合は、その検査結果を元に速やかに病院に行けばいいだけです。
なので、そこまで大きなデメリットではないでしょう。

がんの遺伝子検査で何が分かるのか?

がんの遺伝子検査を受けることで、がんの発症リスクはもちろん、検査によってどのガンになりやすいかも解析でき、結果を踏まえた今後の予防や健康管理に関するアドバイスを貰うことができます。

上述した遺伝子解析サービス「Deargene」の遺伝子検査キットでは、基本となるスターターキットに追加料金を払えば、体質や生活習慣病の発症リスクも明らかになります。生活習慣に懸念すべき点がある方は、こちらものオプションも合わせて申し込んでみるとよいでしょう。

がんの遺伝子検査の精度はどうなのか?

病院、遺伝子検査キット双方の検査精度についてですが、結論から述べると、両者に大きな違いはありません。
遺伝子採取の手法の違いから「公的機関で直接採取する病院のほうが精度が高い」という印象を抱きがちですが、それは大きな誤りです。

確かに、病院のほうが安心感は大きく、一般的な画像診断よりも精度が高いというのは確かなのですが、遺伝子検査キットによる解析も、非常に精度の高い手法によって検査が行われています。

たとえば「Deargene」では、遺伝子統計学を使った解析、最先端の遺伝子解析機器、DNAの正確な自動抽出など、最新の遺伝子検査技術が用いられています。

検査費用や採取方法などで誤解を生んでしまいがちですが、病院も自宅での遺伝子検査も、確かな技術による信頼性の高い検査であることは間違いありません。

オススメは遺伝子検査キット

総合的に見て、遺伝子検査はキットによる診断をおすすめします。手間をかけずに検査が可能である点、費用があまりかからない点が病院と比べて優れているためです。

また、オプションで体質や生活習慣病のリスクも解析できるのは、現代人にとってメリットが大きく、結果をスマートフォンやPCでいつでも確認することができるのもポイントです。

癌(がん)の遺伝子検査まとめ

冒頭で申し上げたとおり、がんは発症リスク、死亡率ともに非常に高い病気です。特に、遺伝的要因によるがんは、生活習慣病の改善ではどうにもならないケースも多く、早期発見によるリスク防止は重要です。

今回紹介した遺伝子検査は、気軽に受けることができ、従来の検査では見つからなかった小さながんの発見・予防にもつながる、ぜひ受けていただきたい検査です。
健康で長生きするために、自分の身体をこまめにチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です