遺伝子検査ダイエットで太りやすい食べ物を知ることができる!

近年、遺伝子検査によるダイエットが注目されています。人によって異なる肥満傾向を、遺伝子レベルで解析、判定することで、太りやすい食べ物を避け、効果的にダイエットメニューを組むことができるのです。

Webをはじめとするさまざまなメディアでは、日々多くのダイエット方法が紹介されています。しかし、みなさんもそれらのうちひとつ、もしくは複数試してみて、効果が実感できなかった経験をお持ちなのではないでしょうか?

そうした悩みは、遺伝子検査を行うことで解決することができます。この機会に、画一的なダイエットから卒業し、個人の肥満傾向にあったメニュー、ダイエットサポートを受けてみませんか?

遺伝子検査で太りやすい食べ物を知ることができる

知っている人も多いかもしれませんが、人によって、どういった栄養素が肥満につながるか、というのはある程度体質で決められています。糖質で太りやすい方もいれば、脂質で太りやすい方など、人によってまったく異なります。

たとえば、糖質では太りにくく、脂質で太りやすい体質の方がいたとします。この方が何も知らずに糖質制限ダイエットをしてしまうと、当然ですがあまり大きなダイエット効果は望めません。ですが、遺伝子検査で体質を調べれば、そういったムダを排除し、取り組むべきダイエットを明確化することができるのです。

冒頭で述べた、『画一的なダイエットとは違い、自分の体型に合ったダイエットが可能』というのはこうした「肥満傾向」が遺伝子検査で明らかになるためです。

DHC遺伝検査ダイエットキット

そうした、ダイエットのための遺伝子検査の中でも、今回は「DHC 遺伝子検査ダイエットキット」をおすすめします。

タイプ別に太りやすい食べ物が分かる

「DHC 遺伝子検査ダイエットキット」では、β3AR、UCP1、β2ARという3種類の肥満関連遺伝子について、その変異傾向が解析されます。これらの変異によって、「太りやすい栄養素」の傾向が明らかになるというメカニズムです。

難しく聞こえてしまいますが、結果レポートでは、さまざまな項目を網羅的に解析し、もっとも傾向として適しているタイプが結果として提示されるようになっています。そのため、遺伝子に関する知識が全くない方でも、自分の体質について滞りなく理解することができます。

タイプは以下の4種類。説明を読んで、「おそらく自分はこのタイプだろう」と思っても、実際受けてみると意外な結果が明らかになることも珍しくありませんので、興味を持った方はぜひ受けてみてください。

りんご型

白米や甘味に多く含まれる『糖質』の代謝が苦手なタイプです。代謝しきれなかった糖分は内臓脂肪として、ウエスト周りに溜まってしまいやすくなります。低GI値の食物を摂ることと、有酸素運動で脂肪を減らすことができます。

洋なし型

油物に多い『脂質』の代謝を苦手とするタイプです。脂肪の燃焼効率が悪いため、食事で摂った脂肪が皮下脂肪となりやすく、特に低体温(冷え性)の方に多く見られます。油ものを控え、下半身の鍛錬を中心としたトレーニングを取り入れるとよいでしょう。

バナナ型

肉や白米、パスタなどに多く含まれるタンパク質が、エネルギーとして吸収されてしまいやすいタイプです。タンパク質は筋肉の元となるため、筋肉がつきにくいタイプであるともいえます。

筋肉は、脂肪を燃焼する基礎代謝量を向上させる役割を果たすため、筋肉量が少ないということは、すなわち太りやすく痩せにくい身体である、ということに繋がってしまいます。高タンパク質の食品を充分に摂り、筋力トレーニングを欠かさないようにしましょう。

アダム・イヴ型

上記3つのいずれにも該当しないタイプです。もし、肥満傾向にある方でこのタイプに分類された場合、そもそもの生活習慣に問題がある可能性が高めです。食事・睡眠・運動の3要素からなる生活リズムを改善することで、自然と脂肪は減らせるでしょう。

評判はどう?

肥満傾向を網羅的に解析してくれる『DHC 遺伝子検査ダイエットキット』ですが、実際に受けた方の評判はどうなのでしょうか。参考までに、何点か口コミを紹介します。

りんご型 29歳・女性
「体が軽くなったし糖質への欲求がなくなりました!今までは大きめサイズを扱うお店で服を買っていたのが、Mサイズがスルッと入るようになり、試着が楽しくなりました。主人も「キレイになったね」と言ってくれます!」

洋なし型 46歳・女性
「以前のダイエットでは常にお腹がすいてつらかったのですが、今回は食事の内容を変えて量はキープしていたので、空腹感なくダイエットすることができました。健康的なダイエットのコツがわかったのは、遺伝子検査のおかげです!」

バナナ型 46歳・男性
「一般的なダイエット方法ではなかなか成果がでず、何度も挫折しましたが、バナナ型の体質にあったダイエット方法でついにやせました!
以前は体重が増えるたびに落ち込んでいましたが、根気強くコツコツ続けることで着実にやせることを学んだので、これからも前向きに取り組んでいこうと思います。」

遺伝子検査の効果には満足しているようですね。一般的なダイエット方ではなく、個人に合ったダイエット方が分かるのでオススメですね!

自分の合ったダイエット方法で効率的に痩せよう

巷に溢れる、流行り廃りの激しいダイエット方法は、万人に等しく高い効果が実証されているものではありません。確かに、どれも続けさえすればある程度痩せることはできるでしょうが、筋肉量が落ちてしまったり、人によっては効率的とは程遠いものであるケースも大いにあります。

今回紹介した『DHC 遺伝子検査ダイエットキット』は、「痩せるために必要なもの」をデータで示してくれるものです。遺伝子検査をすれば痩せられるわけではありませんが、痩せるための効果的な道標は間違いなく提供してくれるでしょう。

このように、自分の体質を知り、「効果的なダイエットは何か」を知ってはじめて、人気のダイエット方法が本当に自分にあっているかどうかを知ることができます。効率的に痩せたいならば、受けて損はないといえるでしょう。

まとめ

これからは「ダイエットの計画を立てる際、まず遺伝子検査で体質を知るべし」と言われるかもしれません。現在、それほどにダイエットにおいて、遺伝子検査は重要であると考えられています。

なぜなら、「自分が太ってしまう原因は何か」が明らかになれば、それを避けていくだけでいいためです。あとは適切な睡眠と毎日の運動を欠かさなければ、ダイエットは完遂できます。

これからダイエットに挑戦する方、肥満に悩む方、一度遺伝子検査でダイエットの指標を作ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です