ダイエットにおすすめの遺伝子検査キット比較ランキング

ダイエットにおすすめの遺伝子検査キットの紹介です。
遺伝子検査キットを用いることで、ダイエット対策をすることができます。

ただし、遺伝子検査キットとひとくちにいえど、たくさんの種類があるので、ダイエットに適したものを選ぶ必要があります。
ダイエットをしたいと考えている方にオススメの、遺伝子検査キットをランキング形式でまとめました。

ダイエット対策の遺伝子検査キットを購入する際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

「DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット」

DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット
  • 検査項目:肥満関連の遺伝子情報・遺伝子型ダイエットタイプ
  • 検査項目数:3種類の肥満関連遺伝子
  • 特徴:「肥満関連に特化」「体質に合わせた多角的なアドバイス」
  • 金額:4,500円(税別)

ダイエット対策に活用したい遺伝子検査としては、「DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット」がおすすめです。
3種類の肥満関連遺伝子を調べるというだけのキットなので、項目数としては少ないです。
ただ、ダイエット対策として用いるには十分です。

そして、自分の体質に合ったサプリメントや食事、運動のアドバイスを受けることができます。
美容や健康に強いDHCならではの魅力ですね。
ダイエットのために遺伝子検査を利用したい、と考えているかたにはおすすめのキットになっています。

「ジーンクエスト LITE ダイエット+スキンケア」

ジーンクエスト LITE ロコモ+メタボ
  • 検査項目:ダイエット(代謝量/食欲抑制など)・スキンケア(シミ・そばかす/ニキビなど)
  • 検査項目数:15項目
  • 特徴:「特定の体質を検査するのに最適」「組み合わせの幅が広い」
  • 金額:14,800円(税別)

メタボをはじめとした自身の健康状態をチェックして、ダイエットに役立てるのに適している遺伝子検査キットが「ジーンクエストLITE ダイエット+スキンケア」です。
ジーンクエストでは特定のテーマで絞って検査する、LITE(ライト)タイプの遺伝子検査キットが用意されています。
メリットとしては、総合的に検査をするよりも安価に自分の体質をチェックすることができることがあります。

その中でも健康改善に特化しているのが「ダイエット+スキンケア」で、ダイエットやスキンケアに関する遺伝子を分析することで無理のないダイエットに繋がります。

「ロコモ+メタボ」「脳の老化+ロコモ」など他のパターンも合わせてチェックしてみてください。

「遺伝子博士」

遺伝子博士
  • 検査項目:ダイエット関連・生活改善
  • 検査項目数:主要3項目
  • 特徴:「動物グループで分かりやすく表現」「安価に調査できる」
  • 金額:5,800円(税別)

ダイエットを含む生活改善に最適なのが、「遺伝子博士」という遺伝子検査キットです。
糖代謝リスク、たんぱく質リスク。脂質代謝リスクを検査することで自分がどんな体質なのかを確認したのちに、理想の生活習慣に向けてのアドバイスを受けることができます。

動物に例えたポップな検査結果になっており、自分の遺伝的体質や目指すべきライフスタイルをわかりやすく理解できるようになっています。
本格的な遺伝子検査キットと比べると、項目数を絞っているため比較的安価に検査を受けることができます。
気軽に遺伝子検査を試してみたい場合にはオススメのキットです。

ダイエット以外もチェックするなら「MYCODEヘルスケア」

MY CODEヘルスケア
  • 検査項目:病気(がん/心筋梗塞/その他多数)・体質(肥満/肌質/その他多数)
  • 検査項目数:280項目
  • 特徴:「幅広い病気/体質をカバーしている」「サポートが充実」
  • 金額:29,800円(税別)

ダイエットを含んだ全般的な遺伝子情報を知りたい、という場合には「MYCODEヘルスケア」がオススメです。
ダイエットはもちろんのこと、美容からがん対策まで、総合的に検査することができるキットになっています。

目的はダイエットではあるけれど、体質を全体的に把握しておきたい場合には利用したい遺伝子検査キットです。
遺伝子検査をして自分の体質を全般的に知りたい、というかたはぜひ「MYCODEヘルスケア」を活用してみてはいかがでしょうか。

ダイエットだけを検査するなら安価なもので問題なし

結論として、ダイエットに活用するためだけに遺伝子検査をするのであれば、これまでに紹介した中でも安いもので問題ありません。

ただ、これを期に自分の遺伝子情報をしっかり知っておきたい、というのであれば少し値段ははりますが全般的に検査できるキットを利用することをおすすめします。
それさえやれば遺伝子検査はすべて大丈夫、というものを使ったほうが最終的な費用を安く抑えることができるでしょう。

これから遺伝子検査を検討しているという方は参考にしてみてください。