『遺伝子検査』はダイエットに効果があるのか?

人はなぜ太ってしまうのでしょうか?人が脂肪を溜め込んでしまう行動には、暴飲暴食や運動不足などさまざまな環境的要因が考えられますが、実はその背後には「遺伝的要因」が影響していることをご存知でしょうか。

本記事では、人が太ってしまう「遺伝的要因」とそれを解明する「遺伝子検査」、両者は本当にダイエットに効果があるのか?という点について解説していきます。

人が太ってしまう原因の3割は「遺伝的要因」

人が太ってしまう原因は、生まれつきどういった太り方をしやすいかという「遺伝的要因」と、普段の食生活や運動傾向によって生じる「環境的要因」のふたつであると言われています。

この「環境的要因」と「遺伝的要因」は、対立し合うものではなく、どちらかというと「遺伝的要因」が「環境的要因」による結果を後押ししているような関係といえます。

たとえば、遺伝的要因により「糖質が内臓脂肪に変化しやすい」体質である場合、炭水化物の摂取しすぎは肥満に繋がりますね。これは環境的要因によるものというより、遺伝子レベルで定められているために起きる現象です。

つまり、遺伝的要因でどういった太り方をするのかという点を洗い出せば、環境的な要因が明らかになるということに繋がるのです。

遺伝的要因を調査すれば「環境的要因」が洗い出せる

人の遺伝子のうち、肥満にかかわる遺伝子は60個程度存在します。遺伝子検査では、そのうちいくつかの「肥満」につながる代表的な遺伝子を検査し、検査対象者の肥満傾向を洗い出します。

たとえば、ハーセリーズの「DNA SLIM」では、以下の遺伝子が解析されます。

FTO遺伝子

脂肪量と肥満に関係しており、「高カロリー嗜好」や「過食傾向」かどうかを決定づける遺伝子です。

ADRB3遺伝子

「内臓脂肪型遺伝子」と呼ばれる、糖質代謝の働きにかかわる遺伝子です。糖質代謝が悪い=基礎代謝が低いと、内臓脂肪が溜まりやすいため、糖質の摂取が肥満につながりやすくなってしまいます。

UCP1遺伝子

「脂質」の代謝にかかわる遺伝子です。熱生産たんぱく質の遺伝因子であり、脂質の代謝が悪いと皮下脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

ADRB2遺伝子

標準よりも基礎代謝が高い遺伝因子です。一見良好そうに見えますが、たんぱく質の代謝が悪いため、「一度太ると痩せにくい」というタイプの方が該当します。

遺伝子検査をすれば肥満遺伝子の傾向が判明する?

上記で解説した、肥満にかかわる遺伝因子は、「遺伝子検査キット」を用いた遺伝子検査をすることにより解析することができます。

ダイエットにかかわる遺伝子検査にはさまざまな種類がありますので、ランキング形式でおすすめをまとめました。ぜひ一度参考にしてみてください。

→脱肥満!ダイエット用の遺伝子検査キットおすすめ比較ランキングはこちら

注意すべき栄養素が判明?

さて、前述した「肥満にかかわる遺伝子」群ですが、ADRB3、UCP1、ADRB2のそれぞれが「糖質」「脂質」「たんぱく質」という3大栄養素に関係していることはお気づきでしょうか。

要するに、遺伝子検査による肥満傾向解析とはこの「3大栄養素のどの代謝がよく、どの代謝が悪いのか」を調べることであり、これによって自ずと「注意しなくてはならない栄養素」を知ることにつながる、というメカニズムとなっているのです。

遺伝子検査を受けるには?

それでは、遺伝子検査を受ける方法をご説明します。実は、ダイエット向け遺伝子検査は多くリリースされていますが、そのいずれも手軽に、かつリーズナブルに検査を受けることができます。

おおむね共通の手順としては以下の通り。

  1.  Web上でキットを申し込み、郵送してもらう
  2.  届いた検査キットに、唾液や粘膜などといった検体を入れ、検査同意書を記入して返送
  3.  検体に問題がなければ、検査が開始
  4.  所定の検査機関(2週間~2ヶ月までさまざま)終了後、結果がWebまたはレポートで到着

検査キットによってはアンケートに回答したり、アプリで連携する必要があるなど、細かい手順にはばらつきがあるものの、共通項としては「非常にお手軽」という点が挙げられます。

『DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット』がオススメ

ここまでダイエット向け遺伝子検査のメカニズムについてお話してきました。結論として、どの遺伝子検査を選べばよいかという話ですが、本記事では『DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット』をおすすめとして紹介しておきます。

本製品をおすすめする理由としては下記のような理由があります。

  • 5,000円という非常にリーズナブルな価格である
  • ダイエット成功者が多数輩出されており、ダイエット向け製品という観点において安心感がある
  • 検査としてはシンプルなものであり、複雑さがないためダイエットの指標にしやすい
  • DHCダイエットカルテでのサポートなど、アフターフォローも手厚い

DHCはサプリメーカーとしての長年のキャリアがあったり、実施にダイエットに成功しているも多数います。
また「検査結果に応じたオーダーメード感覚サプリ」も別売販売されているので、合わせての購入をオススメします。

太りやすい体質でも、努力で充分カバーは可能

遺伝子検査は疾患リスク、性格など、さまざまな傾向・リスクを検査し、将来への備えが可能となる、新しい「予防医療」の形です。

しかしながら、遺伝子学はまだまだ発展途上段階にあり、これからさらに遺伝子検査キットの精度が向上する可能性も大いにあります。自分の肥満傾向をもとに、ダイエットのモチベーションアップの指標として、活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です