ジェネシスヘルスケア社の遺伝子検査キット「GeneLife(ジーンライフ)」について解説!

遺伝子検査キットは、美容健康・スポーツなど、さまざまなジャンルを包括したものが多くリリースされています。とりわけ、疾患リスクや肥満リスクを測るヘルスケア系のキットは数多くあります。

ただ、疾患リスクなどは、網羅的に検査をしなければ、検査しなかった所からリスクが発生する可能性がでてきてしまいます。そのため、健康に関わる遺伝子検査は、なるべく多くの項目を解析してもらうに越したことはありません。

今回は、遺伝子検査キットの中でも抜群の知名度、検査項目数を誇るキット「Genelife」を紹介します。ヘルスケアの遺伝子検査に興味を持っている方、これから受けようと思っている方など、ぜひGenelifeを試してみてください。

Genelife(ジーンライフ)とは?

ジェネシスヘルスケアの『Genelife』は、さまざまな種類の遺伝子検査を提供している、遺伝子検査キット中でもっとも有名といえるキット群です。Genelifeの解析を受けた累計実績は、なんと50万人にも達しており、その知名度と信頼性の高さが伺えます。

さらに人気の秘訣は、360項目を解析できる、項目の多さにあります。疾患リスクや肥満タイプ、肌質などを、多くの項目から測定できるため、他の遺伝子検査と違い、隠れたリスクを見逃しません。

数ある遺伝子検査キットの中でも、ヘルスケアに特化したものでは最もおすすめできる、注目の遺伝子検査キットとなっています。

種類は全部で6つ

Genelifeの遺伝子検査は全部で6つ。それぞれ、受けられる検査の内容や項目などが異なります。
まんべんなく受けられるGenelife Genesis、性格が解析できるMyself、祖先のルーツを辿れるHaploなど、ジャンルによって検査項目、価格が異なりますので、どれを受けるかをよく考えてみてください。

価格(税抜)¥29,800¥29,800¥9,800¥5,980¥5,980¥5,980
GenesisMyselfHaploDIETSKINMETABO
がん32項目
その他の疾患116項目
体質204項目47項目
性格7項目40項目
祖先のルーツ
肥満傾向
肌ケア
メタボリスク高血圧リスクのみ
結果報告方法Web & アプリWeb & アプリWebのみWeb &
報告書・レシピブック
Web
報告書・レシピブック
Web
報告書・レシピブック

もっとも人気なのは「Genesis」で、380項目の解析数の多さがユーザーの心を掴んでいるようです。

ジーンライフのメリット

それでは、Genelifeのメリットを紹介していきます。

ジーンライフの検査項目は圧倒的!

先述したとおり、最大で380項目を同時に解析できる、項目の豊富さが挙げられます。遺伝子検査キットで人気の『MUCODE』は280種なので、フルパッケージであればおおよそ100種ほど多くの検査項目で、体質を検査することができます。

検査しなかった項目の疾患リスクが高かった可能性など、そうしたリスクを徹底的に排除したいのであれば、Genelifeで遺伝子検査を行うのがもっとも賢い選択といえるでしょう。

「Genelife Genesis」「Genelife DIET」では肥満リスクがわかる

肥満リスクを、りんご型(糖質で太りやすいタイプ)、洋なし型(脂質で太りやすいタイプ)、バナナ型(筋肉がつきにくいタイプ)、アダム・イヴ型(生活習慣に問題あり?タイプ)の4つにカテゴライズ、アドバイスをもらうことができます。

何で太りやすいかが明らかになることで、計画的かつ効率の良いダイエットを実践することができます。

検査方法はとても簡単

Genelifeをはじめ、遺伝子検査キットは郵送されてきたキットで検体を採取し、検査してもらう方法がポピュラーです。その肝心な検査方法(検体の採取方法)ですが、口内をこすって口腔粘膜を採取するだけという、非常に簡単かつ、痛みや強い不快感を感じないものとなっています。

採取が終われば、キットを送り返すことで解析を行ってくれます。

安価なキットもある

360項目を検査できる『GeneLife Genesis』は、通常価格¥29,800(税抜)と高額ですが、ジャンルごとに解析項目を絞った、安価なキットも存在します。

肥満、メタボ、肌老化に特化した3つのキットは、通常価格¥3,980(税抜)~、と非常にリーズナブル。肥満が気になる方など、特定の悩みを持つ方は検査項目を厳選したキットで遺伝子検査を受けるとよいでしょう。

数々のメディアで紹介されている

さらに、Genelifeの遺伝子検査キットは、さまざまなメディアでの紹介実績を持つ、大手の遺伝子検査機関です。そのため、遺伝子検査自体の知名度向上にもある程度貢献している、信頼のおけるキットといえるでしょう。

遺伝子専門のメーカーとしては12年目、自社研究所での検査による信頼性

12年の歴史を持つ自社研究所で、最新技術による確かな検査が、Genelifeがここまで人気を博した秘訣でしょう。実績や信頼のある機関で遺伝子検査を受けたい方は、確実に選択肢に入ってくるかと思います。

ジーンライフのデメリット

人気の高いGenelifeですが、他社と比較した際のデメリットも存在します。

価格が少し高い

360項目という検査項目の多さに比例して、価格も遺伝子検査キットとしては¥29,800(税別)と少々高額になっています。本当に360項目の検査が必要なのかどうかは一考したほうが良いでしょう。

肥満や病気のリスクは意外なところから見つかるとはいえ、項目数は多ければ多いほどいい、と手放しで勧められるものでもないためです。目的が決まっているならば、必要な項目だけ検査したほうがよい、というのは言うまでもありません。

ただし、項目数を鑑みると、¥29,800(税別)という価格設定はかなり割安です。なぜなら、同数の項目を検査できる、他の遺伝子検査キットの相場は、おおむね4万円~5万円程度なためです。コストパフォーマンスの観点から言うと、Genelifeの価格設定はむしろ良好といえるでしょう。

価格が高いこと自体はデメリットとなりますが、項目を幅広く受けたい方にとってはあまりデメリットにならないといえます。

口コミや評判はどう?

続いて、実際に受けた方からの口コミを紹介します。

「色々とオールマイティかと。これだったら色々なニーズにも応えやすそうだしとりあえずオススメできるかも。単純に検査項目が多くてお得じゃないかなって思う。見るのに少し勇気がいる項目、実際少しへこんだのもあったけど、知れてよかったかな。」

「肉はあまり食べないのに、ウエスト周りから太るのでりんご型(糖質で太りやすいタイプ)とわかって納得。ごはんの量も100g測って食べ過ぎないようにしています。」

さまざまな項目が判明するため、キツい現実を見せつけられる場合もあります。ただ、その分だけダイエットや、生活習慣の改善に励む方が多い印象です。全体的な評判は良好といえるでしょう。

まとめ

Genelifeは、さまざまな項目を網羅する遺伝子検査キットの中でも、もっともおすすめできる遺伝子検査キットといえます。多くの内容を知ることができる、というのはすなわち、疾患リスクや肥満リスクを徹底的に排除することができるということに繋がります。

特定の項目が知りたい方はそれぞれのパッケージを、とにかく全部知りたい、という方はコストパフォーマンスのよいGenesisをそれぞれ選択するとよいでしょう。

さまざまなニーズに応えられる、信頼と実績のあるGenelife。遺伝子検査がはじめて、という方にもおすすめしやすい遺伝子検査キットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です