遺伝子検査キットってどう使うの?いくらするの?使い方や値段を徹底解説!

近年の目覚しい技術の発展により、遺伝子検査もかなり身近なものとなりました。
ネットでは遺伝子検査キットが簡単に購入でき、以前に比べてコストやハードルが大きく下がっています。

しかしながら、検査キットをどうやって使うのか、実際にいくらぐらいかかるのかという疑問を抱える人も多いのではないでしょうか。

実際にやってみた親戚や友達がいない限り、こういった情報はなかなか手に入りません。
そこで今回は遺伝子検査キットの使い方や値段を徹底的に解説します。

遺伝子検査キットの使い方について

遺伝子検査キットの使い方は非常に簡単です。基本的にはキットを取り寄せて、自分の遺伝子情報を送るだけでかまいません。

遺伝子検査キットを注文すると、自宅宛に遺伝子検査キットが送られてきます。そのキットを利用して、遺伝子情報が分かるものを採取します。一般的なのは唾液・口の中の粘膜・爪を送付するという方法でしょう。
唾液は出すだけですし、粘膜は綿棒で口の中をこするだけ、爪は切って検査キットに入れるだけなので、とても簡単ですね。
遺伝子情報を採取したら、遺伝子検査キットを検査先に郵送して、結果が返って来るを待つだけでOKです。

結果の返送は2週間から数ヶ月かかるものまで様々ですが、調べる項目が少ないほど早く結果が得られます。

遺伝子検査キットの値段はいくらぐらい?

誰もが気になる値段はキットによって異なりますが、たいてい5000円〜3万円程度で購入することができます。アルコール耐性やがんの発症率といった1つの分野を調べるものであれば比較的安く、5000円台のものが多いです。
例えば、主要ながん10種類の発症リスクを調べられる「DearGene」などは、4980円(税別)で購入することができ、気軽に遺伝子検査に挑戦できます。

しかし、もっと総合的に自分の体のことを知りたいのであれば、少し値段は高くなります。
がん・生活習慣病・その他アルツハイマーやアルコール・ニコチンへの依存性、体質など、最大280項目において検査ができる「MYCODE」は、2万9800円(税別)となっています。
検査の項目が増えれば増えるほど値段は上がる傾向にあるでしょう。

遺伝子検査キットの種類ってどれぐらい?

遺伝子検査キットの種類は大きく分けて4種類あります。
それぞれのキットに特化した分野があるので、自分が知りたいと思う情報に適したキットを選ぶようにしましょう。

健康・病気系

これらの検査キットでは病気や体質を軸に、自分がどんな疾患にかかりやすいか、またはアルコールへの耐性はあるのかなどが詳しくわかります。
中には自分の祖先のルーツを調査してくれるものまであります。検査だけではなく、検査後も専門家による生活改善指導など、サポートが充実しているものが多いです。

総合的に検査できるので、遺伝子検査を通して自分の体を深く知りたいという人にオススメです。

ダイエット系

ダイエット遺伝子検査では、自分の体質への理解を深めて適切なダイエット法がわかります。

自分が太りやすい体型なのかどうか、もし太りやすいのであれば、どのような成分を摂取した時に一番太りやすいのか、効果的なエクササイズはなんなのかといったアドバイスをもらえます。体質別に専用サプリを提供している会社も多く、調べて終わりではなく長期的なサポートもしっかりしています。
ダイエット目的で遺伝子検査をしたいと思う人は、このタイプのキットを選ぶといいでしょう。

薄毛系

AGA(男性脱毛症)に関する情報を得ることができる遺伝子検査です。
あなたの将来薄毛になる確率を遺伝子工学の観点から解読し、そのリスクを把握することができます。

もし薄毛の遺伝子が多いことが判明したら、薄毛遺伝子型専用のシャンプーや サプリメント・薬用育毛剤の提供を行っているので適切な対策を講じることができます。診断結果によっては、1年間のアフターケアが受けられる検査もあり「将来ハゲるかも?」と心配している人にはオススメです。

美容系

美容系の遺伝子検査では、肌の老化に関する情報を知ることができます。
具体的には、シワのできやすさや抗酸化力(体が内側からサビるのを防ぐ能力)などを計測することができます。

スキンケア商品は数が多すぎて、自分にあう商品を見極めるのが非常に大変です。
しかし、肌遺伝子検査を行えば、遺伝子工学の視点からあなたの肌質がわかり、自分にあった最適な成分がわかります。
検査を受けた後は、自分にあったレシピブックがついてくるため、最適な食事対策を取ることも可能です。

まとめ

遺伝子検査キットの使い方は非常に簡単で、唾液・口の中の粘膜・爪のいずれかを送るだけでかまいません。
また遺伝子検査キットの値段はたいてい5000円から3万円程度。項目が増えれば値段は上がります。
そして、遺伝子検査キットの種類は大きく分けて「健康・病気系、ダイエット系、薄毛系、美容系」の4種類があります。
それぞれのキットに得意分野があるので、自分の知りたい情報に適したキットを選びましょう。

遺伝子検査キットは使い方も簡単で、値段も種類によっては安いことがわかったのではないでしょうか。
この機会に皆さんも遺伝子検査に挑戦して、体に関するリスク対策を行ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です