遺伝子検査って何をするの?検査方法について説明!

自分の遺伝子を検査し、自分の体について知ることができる「遺伝子検査」。遺伝子検査によって、がんなどの病気から、肥満などの体質まで幅広く解析することが可能です。

現代では、この遺伝子検査を病院などの公的機関だけではなく、Web申し込みによる検査キットなどで、簡単に利用することもできます。
ただ、遺伝子解析の技術はここ10年あまりのもので、普及が進み始めたのも最近になってのことです。そのため、あまり馴染みがないという方もいるでしょう。


そこで今回は、遺伝子検査の方法について詳しく解説します。

遺伝子検査の概要

人体を構成する元素である遺伝子は、生涯変わることのない個人情報であり、個人の体質や免疫力などを判断する重要なファクターです。
遺伝子検査とは、この遺伝子を調べて、病気のリスクを未然に防いだり、自分の体質について理解を深めるためのものです。

遺伝子検査の方法は大きく分けて2つあり、病院で検査を受ける、あるいはキットを使って自宅で簡単に受けるというものです。

そして、遺伝子検査と一口にいってもその内容は非常に幅広く、病気、ダイエット、薄毛などの解析から、子供用の「採用分析用」遺伝子検査とさまざまな種類が存在しています。

遺伝子検査の流れについて

遺伝子検査と聞くと、さまざまなプロセスを踏まなければならないように見えますが、実際の流れはとてもシンプルです。一般的な検査キットを用いた代表的な流れとして、以下に3つのプロセスを記しました。

  1.  自分の遺伝子情報(検体)を採取します。
  2.  採取した検体は、専門の解析機関に送られ、検査してもらえます。
  3.  約30日~60日の期間を経て、結果が明らかになります。

検査を申し込み、検体を送り、結果を待つだけなので非常にシンプル。忙しい現代人も手軽に受けられるよう、検査工程は極力煩わしさが排除されています。

また、結果によっては、そのまま治療が必要になる場合や、他のプログラムを行う場合もあります。
例として、ダイエットの遺伝子検査をし、自分の体質を確認したのち、それに合わせてダイエットプログラムを実行するなど、遺伝子検査には、提供されるキットによってさまざまなオプションがあります。

遺伝子情報の採取方法

上記で説明した「遺伝子情報の採取」ですが、こちらの採取方法はおおむね全部で4つです。どの検体が必要かで「採取しやすさ」は異なりますが、遺伝子検査キットは比較的簡単なものが多い傾向にあります。

※一部の遺伝子検査では、下記以外の検体が必要になる場合があります。

血液

病院の遺伝子検査は、採血による解析が主流です。がんの遺伝子検査(採血)は一般的な画像判断(MRIなど)よりも精度が高く、がんの発見・予防に役立ちます。ただ、採血が苦手な人や、お子さんなどには他の方法と比べてあまり向いていないでしょう。

キットによっては、専用の爪切りで爪を切って送るように指示される場合もあります。採血と比べて痛みもなく、非常に簡単です。ただ、爪を伸ばしている女性やネイルをしている人は向かない方法といえます。

粘膜

遺伝子検査キットで主流となっている方法です。一般的な粘膜摂取は、口の中を綿棒でこすり、粘膜を採取することが一般的です。少しくすぐったい程度で痛みがないため、子供向けの遺伝子検査でも用いられている方法です。

唾液

こちらも、粘膜と同程度に遺伝子検査キットで主流となっている方法です。専用の採取容器に唾液を入れることで、検体の採取が完了します。MYCODEをはじめとする、多くの遺伝子検査キットで採用されています。もっとも簡単な採取方法です。

遺伝子検査キットは初めての方にもオススメ

遺伝子検査キットは、病院での検査と比べて非常に簡単、かつリーズナブルな価格で手軽に遺伝子検査を受けることができます
また、上述のとおり、遺伝子検査キットの検体採取方法は、粘膜や唾液などの採取しやすい部位を用いるので、抵抗もあまりないでしょう。

遺伝子検査と聞くと、娯楽作品などのイメージで抵抗を覚えていた方をいるかもしれませんが、本記事で解説したとおり、現代における遺伝子検査は非常にシンプルなプロセスで行えるので、初めてでも抵抗なく受けることができます。

まとめ

遺伝子検査は、ここ数年で一般層にも普及が進み、さまざまな層の方が受けられるようになりました。

遺伝子検査キットによる検査は、郵送がメインのため、正確性やイメージという観点において疑問を持つ方も多いと思われますが、国内の検査機関による確かな検査や、最新の論文に基づいた技術などを売りにしているキットも多くあります。
そのため、公的機関による検査と変わらない精度で受けられるのが魅力です。

徐々に浸透してきている「遺伝子検査」。将来の健康、目標のために、一度受けてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です