血液型がわからない人に朗報。『ヒメナのABO式血液型遺伝子検査キット』で血液型を知ろう

「実は今でも自分の血液型を知らない」「注射を嫌がる子どもに血液型検査を受けさせたい」とお困りの方は少なくありません。しかし、病院にいってわざわざ検査するのも手間がかかります。

しかし、現代では血液型を「血液検査なしで調べる」ことが可能となっています。それが、本記事で紹介する『ヒメナのABO式血液型遺伝子検査キット』。それでは、以下で特徴や利点、検査方法などを詳しく解説していきます。

検査に血液は不要。『ABO式血液型遺伝子検査』の特徴と利点

「ABO式血液型」は、広く知られている血液型の分類法の一種で、ヒトの血液型をA・B・AB・Oの4種類の血液型に分類します。この分類を、遺伝子検査によって判別可能にしたのが、『ヒメナのABO式血液型遺伝子検査キット』です。

最大の特徴として、「血液不要の血液型検査キット」であることが挙げられます。病院に行って血液検査を受けるよりも手軽に、より高精度に血液型を明らかにすることができる、というのは大きな魅力といえます。

実は、この遺伝子による血液型判別は、法医学の分野で「遺体の身元確認」の重要な資料として発展を遂げてきたという経緯があります。そのため、確かな精度でもって、自身の血液型を明らかにすることができるキットに仕上がっています。

AA型、AO型など、遺伝子型の血液型を明らかに

この『ABO式血液型遺伝子検査キット』で明らかになるのは、通常の血液検査で判明する4種の血液型ではなく、AO型、BO型を加えた6種の血液型です。遺伝子情報により、詳しい血液型が判明するというメリットは大きく、子どもの血液型などをより正確に判別できます。

生後数ヶ月の新生児でも、大人でも検査可能

検査に年齢制限はありません。生後0日の子どもでも遺伝子検査が可能で、たとえば注射を嫌がる子どもでも、遺伝子検査であれば痛みなく血液型を調べることができます。もちろん、大人でも検査可能。自分の血液型がわからない、でも病院に行くのは手間がかかると考えている人におすすめ。

それでは、続いて検査手順を紹介していきましょう。『ヒメナのABO式血液型遺伝子検査キット』は、申し込みから結果到着まで非常に手軽、かつ迅速。忙しい現代人にもおすすめです。

検査手順は簡単。自宅で手軽に、血液検査なしで検査可能

現代では、シンプルかつ手軽に遺伝子を検査することができます。手順は以下の通り。

  1. ヒメナ オンラインショップで『ヒメナのABO式血液型遺伝子検査キット』を購入(税込15,120 円)
  2. 採取棒ふたつで口腔から検体を採取する
  3. .遺伝子検査申込み同意書にサインし、返信用封筒で検体を送る
  4. 検査結果が到着

遺伝子検査キットの多くは、自宅で手軽に行えるのが利点となっていますが、このキットも例外ではありません。低コスト・迅速・手軽の三拍子そろった血液型検査といえます。

結果は7~10日ほどで到着。遺伝子検査キットとしては非常に迅速

さらに、検体を送ってから、結果が到着するまではおおよそ7~10日ほど。通常の遺伝子検査キット(ダイエットや美容向けなど)が1ヶ月~1ヶ月半程度を要することを鑑みると、異例の早さともいえます。もっとも、これは検査項目が「血液型」にフォーカスしているため、検査に要する工程が短いためであるともいえます。

このように、非常に手軽に血液型検査を受けられる遺伝子検査キットですが、実際に利用した人からの評判はどのような様子でしょうか?詳細を見ていきましょう。

『ヒメナのABO式血液型遺伝子検査キット』の口コミ・評判・評価

実際にモニターとして参加された方、利用した方の口コミは以下の通りです。

子供の血液型の比率の表が入ってました。娘がAOのA型って事は、私も必然的にAOのA型って事ですね。ラッキーな事に私の遺伝子もわかりました。(30代・女性)

血液型の組み合わせで4種類に分類できることを知りませんでした。あまり、深く考えた事もなかったので!今回は、本当に詳しく分かりやすいように説明していただき、遺伝子の事が理解できたので勉強になったな!と思います。

この遺伝子検査キットには、「血液型比率の表」「血液型の基礎知識」など、血液型についての知識が深まるマニュアルも同封されています。血液型を知るだけでなく、血液型に関する補助知識も得られるのは嬉しいポイントといえます。

まとめ:血液型がわからない人・新生児におすすめの遺伝子検査キット

前述した通り、「新生児から大人まで検査可能」、「迅速・手軽・低コストな血液型遺伝子検査」「血液検査不要」という3点が、従来の血液型検査を比較した大きなメリットです。

特に、血液型を調べたい成人の方や、注射を嫌がる子どもにとって、血液型を調べるのにこうした選択肢が増えるのは喜ばしいことといえます。ぜひ、遺伝子検査で血液型を調べてみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です