遺伝子検査は病気リスクを減らすのか。遺伝子検査の活用方法とは?

遺伝子検査は病気リスクを減らすのでしょうか。
病気リスクが減らないのであれば遺伝子検査の必要性は正直低くなると思いますが、どうでしょうか?

以下の記事について遺伝子検査の活用方法について言及されていました。
『病気リスクも減らす可能性 「遺伝子検査」の正しい使い方』

病気の多くは遺伝が関与する割合は2~3割

遺伝子検査で病気へのかかりやすさを調べることができますが、遺伝が関与する割合は比較的低いようです。

最新の研究では背の高さなどの体質は5割超が遺伝の影響だが、高血圧、糖尿病、がんといった病気の多くは、遺伝が関与する割合は2~3割に過ぎないという。

つまり、遺伝自体で病気に必ずかかるというわけではないようですね。

遺伝子検査をもとに生活を変えることに意義がある

それでは、遺伝子検査が全く意味がないのか、というとそうではありません。

病気の発症は、遺伝的要因とその後の過ごし方(環境要因)、時間が関係します。問題はそれが足し算ではなく、掛け算で表れること。
遺伝的要因を持つ人は環境的要因次第で病気のリスクが何倍にも高くなる。逆に言えば、自分の遺伝子を知り、それを抑える生活スタイルを貫けば、病気を予防できる可能性が高まります

食道がんの発症に関係する2つの遺伝子が配列変化を起こしている人を調べたところ、正常な人と比べて食道がんのリスクは6・79倍増加。そこに酒と喫煙が加わると、そのリスクは189倍へと跳ね上がると報告している。
「こういう人は自身の遺伝子を知ったうえで、禁煙・禁酒するメリットは非常に大きいのです」

上記の通り、遺伝子検査の結果をもとに生活改善を行うことで、病気になるリスクが断然低くなります。
自分がどういった病気にかかりやすいか、を知っておくだけでその対策ができ、大病になるリスクは大きく減らせるのが遺伝子検査の魅力のひとつです。

そういった点から、遺伝子検査は病気リスクを下げることに一役買っていると言えるでしょう。

遺伝子検査はどう行うのがいいのか?

もし遺伝子検査を行うとしたら、遺伝子検査キットを活用する形が手っ取り早く、安く検査することができます。
ですが、遺伝子検査キットも様々な種類がありますので、自分にあった遺伝子検査キットを選ぶ必要があります。

遺伝子検査キットの購入を考えているかたは、ぜひ以下の記事を参考に自分にあった遺伝子検査キットを探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です